熟練度によって異なります!適切な証券会社の選び方

初心者向け証券会社の選び方

信用取引自体に不慣れな初心者が、証券会社を選ぶ際のポイントは、サポート体制の充実度です。近年の証券会社は手数料の安さを競っていますが、競争が進んだ現在においてその差はほとんど無くなっているのが実状なんですよ。ですから初心者にとっては、どれだけ手厚い支援を受けられるかが重要というわけです。たとえば、電話サポート体制の充実度は非常に大切。電話が繋がりやすく、人工音声ではない応対をしてくれる会社が理想といえます。逆指値注文と呼ばれる自動売却が可能かどうかも、初心者にとっては重要です。相場急変時に自動的に対応できるこの機能があるかどうかで、損失リスクは大きく下がります。

中堅者向け証券会社の選び方

すでに相場というものをある程度理解しており、多くの取引をこなした経験がある中堅トレーダーが証券会社を選ぶ際のポイントは、取引画面の見やすさとツールの充実度です。取引画面の見やすさは熟練度に関係なく重要な要素ですが、すでに取引手法を確立している人にとっては特に重要なポイントと言えるでしょう。シンプル過ぎず、複雑過ぎない画面であることが理想です。ツールの充実度も非常に大切。たとえば約定速度の速さ一つを取ってみても、証券会社によって大きな違いがあるものです。よく出来たツールを使うことで間違いなく、運用成績は向上します。

上級者はセミナーの充実度で選ぼう

株の世界は生涯勉強と言われていますから、セミナーの充実度も証券会社を選ぶ上で重要なポイントとなります。質疑応答が可能で、オンラインではなくリアルな会議室などで実際に行われていること。1回の参加者が30名以下の少人数制であることが選ぶ上で重要なポイントです。以上の要素を満たしたセミナーを実施している証券会社を選び足繁く通うことで、プロの担当者と顔見知りになり貴重な情報交換をすることが可能になるかも知れないですよ。勿論セミナーは初心者にとっても重要ですが、その内容が玄人向けだと理解できず徒労に終わってしまうため、初歩的な内容のものを選ぶようにしましょう。

株の信用取引は、レバレッジを効かせられることが魅力です。最高3倍ものレバレッジトレードにより、現金取引を優に上回る資金効率が実現します。