投資はリスクとメリットを考えた上で行う事が重要

投資がもたらすリスクとは

年金制度や将来への貯蓄の一環として投資に資金を回す人が増え、インターネットを使って簡単に投資が出来る様にもなりました。そんな投資を行う上では、まずは投資によるリスクとリターンを理解する必要があります。貯蓄とはことなり、損をする可能性もゼロではありませんので、リスクとリターンの両面から判断する様にしましょう。そしてリスクをしっかりと計算しておく事で、もしもの時にも対応が出来る様になり、出来るだけ損を少なくする事も可能となります。

リスクの計算方法とは

投資を行う上で、まずは投資対象となる金融商品の選択から始めます。その投資対象によってリスクの考え方は異なりますので、まず最初は一つの金融商品への投資から始めると良いでしょう。例えば、株式投資の場合、投資した資金がゼロになる可能性は極めて低いですが、FXなどの証拠金取引きの場合は資金がゼロとなる可能性も考えられます。つまり投資した資金をすべて失う事も考えられますので、無理のない程度の資産を使う事も重要です。

定期的に現状の把握が重要

実際に金融商品を購入した後は、ほったらかしにする事なく、定期的に現在の価格や損益を確認する事が重要です。もし、損をしている場合、今持っている金融商品を売って新たな金融商品を購入する事も一つの方法です。いくつか金融商品が増えてきた場合、資産の見直しを行い、資産配分を変える事も検討すると良いでしょう。アセットアロケーションとも呼ばれる投資手法の一つであり、今後商品数が多くなればなるほど、このアロケーションが投資の重要なカギとなるかもしれません。

jリートのファンドは今年注目されましたが、jはjapan、リートはREIT (Real Estate Investment Trust)を表わしています。