会社経営にも影響する!自社に合った税理士選び!

節税対策に強い税理士を探す

身近な税金としては所得税があります。会社経営をしているなら法人税や消費税なども重要な税金です。税金は決まり通り申告することになりますが、税金の元を控除できる場合があります。控除が多くなればその分税金を減らせるかもしれません。税理士を選ぶのであれば、節税対策に強い人を探します。税務署の方から控除できることを教えてくれることはありません。自分で申告しなければいけません。税理士なら控除の方法をたくさん知っているので、税金を減らしてもらえます。

国税局出身の税理士に依頼する

税理士になる方法として、国家試験に合格する方法があります。その他、国税局などで一定期間勤務した人などがなれる場合があります。国税局出身者の場合、申告書のどこをチェックするか、税務調査でどこをチェックするかなどを知っています。ですから、申告書で特にどの部分をきちんと作成しないといけないかなどを知ることが出来ます。税務調査で過去に痛い目に合っている場合、税務調査対策がうまくいっていないなら、国税局出身者の税理士にアドバイスをもらいます。

幅広い税務の知識を持っている人

税理士は税金のスペシャリストです。では税金のことを隅々まで知っているかですが、そうでもありません。得意分野を持っている人が多く、法人税や消費税に強い人、相続税や贈与税に強い人などがいます。オールラウンドタイプの人はあまりいないかもしれません。会社などで依頼をするなら、オールラウンドタイプだと個人的な相談がしやすいです。普段は法人税などの相談を会社として行い、個人的に所得税や相続税の相談を行うなどが可能になります。

企業においても一般家庭に置いても、税理は身近に存在しています。そのため、岡山で税理なら岡山市の税理士に相談すると良いでしょう。